海外旅行や海外出張を便利にするインターネット

海外でもインターネットを使う方法

海外旅行や海外出張でも国内にいる時と変わらず地図アプリやSNSを使いたいという人は多いのではないでしょうか。
海外でもPCやスマートフォン、タブレットを使ってインターネットを利用するための方法についてご案内します。
まずは、手持ちの端末からいつも通りインターネットにアクセスする方法です。日本の携帯会社はデータローミング(提携する現地の携帯会社の電波を受信して、自動的に通信するサービス)を行い、海外にいても国内にいる時と同じようにインターネットを利用することができます。
その他に、国内の携帯会社では海外でインターネットを使う際、使った分を定額で請求するサービスもあります。
またホテルや免税店、街中のカフェ等の無料WiFiを利用する方法、モバイルWiFiルーターを使う方法があります。

それぞれの特徴と料金

海外でインターネットをするには様々な方法がありますが、それぞれの特徴について解説します。

データローミングは手間や設定の必要が無い為、簡単にインターネットを利用できますが使用料が非常に高額で数日間で10万円以上の請求がきた!という事例もありますのでおすすめはできません。

国内キャリアの定額サービスを利用する際も、設定は不要で簡単に利用することができます。定額の対象国が限られますので渡航先が非対象国だった場合定額サービスは利用できません。利用料は携帯会社と渡航先、使用量により異なりますが2,000円/日~3,000円/日程度です。

WiFiルーターをレンタルする場合、申込みなどの手続きは必要です。利用料金は渡航先や容量などによって異なりますが500円/日~1,000円/日程度です。

また海外のフリーWiFiを利用した場合、利用料は無料ですがWiFiスポットでないとWiFiを利用することはできません。