知っておこう!WiFiの賢いレンタル方法

WiFiレンタルのメリットとデメリット

WiFiレンタルは海外出張、海外旅行だけでなく、国内での旅行・出張や、引越し後の回線整備までの間、入院時など様々なシーンで利用することができます。
メリットとしては、各キャリアが実施している定額サービスよりも安く使うことができる点です。1台レンタルすれば複数の機器をインターネットに接続することができ、家族、友人との旅行の際にも1台レンタルすれば十分快適に利用できます。また、海外WiFiは渡航先の回線を利用します。その為、インターネットの速度も問題なく確保することができます。
デメリットを挙げるとすれば、常に持ち歩かなければWiFiを利用できない点と、WiFiルーターは精密機器の為、壊してしまった場合や盗難にあった際には費用がかかってしまう点です。しかしWiFiルーターはプラス数百円で補償を付けることができますので、なるべく補償は付けておくようにしましょう。

WiFiレンタルのポイント

複雑な手続きがあって借りるのが面倒くさいと思いがちのWiFiルーターですが、思っていたより簡単に使うことができます。
まず、インターネットから渡航先、日数、速度、容量を選び申し込みします。速度には3G、4G(LTE)が選べるものが多いです。3Gでも普通に使用する分には問題ありませんが、動画を見たり、3人以上で利用する場合には多少料金は上がりますが4G(LTE)を選ぶことをおすすめします。
容量は1日あたり250MB、500MB、1GBの中から選ぶことが多いです。容量数を見ただけでは少しわかりづらいですが、具体例をあげるとWEBサイトを閲覧する場合250MBでは約1,000ページ、500MBでは約2,000ページ、1GBでは約4,000ページを閲覧することができます。
申し込んだ後は、空港か自宅で受け取り、利用後は空港で返却するか郵便ポストに入れて返却するだけでOKです。